ユビキタスキャプチャー【タスク管理キーワード辞典】

ひばちです。
今回はタスク管理用語「ユビキタスキャプチャー」について説明します!

ユビキタスキャプチャーとは

「ユビキタスキャプチャー(Ubiquitous Capture)」とは「日常のすべてのことを、紙やクラウドなどの外部媒体に預ける習慣」のことを指します。

 

ユビキタス・キャプチャーは、GTDの考え方が元となっています。

GTDでは頭の中にあるすべてのことを、頭の外にある「信頼できるシステム」に預けることを提唱しています。

すべてのこと(ユビキタス)を紙などにとらえていく(キャプチャー)ことから、この習慣をユピキタス・キャプチャーと呼ぶようになりました[参考]

 

関連記事

ひばちです。 今回はタスク管理用語「Getting Things Done」について説明します! Getting Things Done®とは 「Getting Things Done(略称:GTD)」とは、デビッ[…]

 

 

ユビキタスキャプチャーのルール

ルール1:時系列で記入する

出来事や考えを「時系列順」で書く

 

ルール2:記憶したいことがあったその場で書き込む

ベンやノート、メモできるアプリなどを常に身につける

 

ルール3 「こんなことは書いても意味がない」というハードルを下げる

興味をひいたものは、まだ意識していない重要な何かが隠れている可能性がある

 

関連記事

こんにちは!ひばちです。 仕事に追われているとき、与えられた課題が複雑なとき、頭がごちゃごちゃしているとき、物があふれ部屋が片付いていないとき。 ストレスが掛かり、何となくモヤモヤして、前に進まない経験はないでし[…]

 

スポンサーリンク

 

ユビキタスキャプチャーとタスク管理

元々が、GTDの考え方に基づいているため、タスク管理との親和性は高い考え方になります。

タスク管理を実践していく際にも、気になることや思い付いたこと、振られた仕事やアイデアなど、いつでも即座に記録する媒体を持ち歩くことが推奨されます。

 

また、近年スマートフォンの普及やツールのクラウド化が進み、自然とユビキタスキャプチャーができる環境が整いつつあります。

 

参考書籍

モレスキン「伝説のノート」活用術

 

タスク管理キーワード辞典ーや行の最新記事8件