水のような心【タスク管理キーワード辞典】

ひばちです。
今回はタスク管理用語「水のような心」について説明します!

水のような心とは

「水のような心(Mind Like Water)」とは、GTD®における理想的な心理状態のことです。

「水のように澄んだ心」とも呼ばれます[1]

静かな池に小石を投げ込んだら、池がどうなるかを想像してほしい。その池は与えられた力と質量に対して正確な反応を見せたあと、元通りに静かになるはずだ。反応しすぎることも、反応しすぎないこともない[2]

 

関連記事

ひばちです。 今回はタスク管理用語「Getting Things Done」について説明します! Getting Things Done®とは 「Getting Things Done(略称:GTD)」とは、デビッ[…]

 

 

水のような心の概要

水のような心は「頭の中がすっきりと整理され、抱えているタスクなどに不安を感じていない状態」を指す言葉です。

目の前の今やるべきことに、全力で集中している状態でもあります。

 

元々は空手の言葉で「いつでも攻撃に対して反応できる心理状態」のことを指します。

水は水であるにすぎず、それに徹している。何かを沈めることはあるが、沈められることはない。静止していることもあるが、それに我慢できなくなるわけではない。流されることもあるが、それに苛立つこともない。このような境地をイメージしてほしい[2]

 

水のような心は、「透明で澄みきった」という意味もありますが、水の「必要最低限の動きしかしない」側面を重視します。

 

例えば、水は障害物があっても、その障害物の形に合わせて流れを変え、障害物を越えたら元の流れに戻っていきます。

小石などを投げ込んだ時も、与えられた変化に対して必要な変化を返し、少しずつ元通りになります。

 

この「過剰に反応せず、必要十分な反応を返した上で、静かに元通りに戻る」水の性質を、理想の心理状態に例え「水のような心」と呼びます。

逆に過剰に反応したり、反応が不十分であれば、その対象に振り回される可能性が高くなるとされます。

 

スポンサーリンク

 

水のような心と同様の概念

同様の概念に「フロー」「ゾーン」があります。

フローやゾーンは、目の前のことに最大限にパフォーマンスを発揮している状態です。

心理学の領域で広まっている理論で、よくGTDに関連付けて語られるものの一つに「フロー」がある。フローとは、最大限にパフォーマンスを発揮している状態だ。これはアスリートたちが「ゾーン」と呼ぶもので、(中略)「水のような心」にも密接に関係している[2]

 

また、GTDでも同様の概念として「生産的な経験」という言葉が、近年よく使われています。

生産的な経験は「目の前のことに自信を持って取り組んでいる、最も生産性のある状態」を指しています。

関連記事

ひばちです。 今回はタスク管理用語「生産的な経験」について説明します! 生産的な経験とは 「生産的な経験(Productive Experience)」とは、「リラックスした状態で、コントロールできている感覚を持ち[…]

 

参考書籍

[1] 仕事を成し遂げる技術

[2] 全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術