二等分法【タスク管理キーワード辞典】

ひばちです。
今回はタスク管理用語「二等分法」について説明します!

二等分法とは

「二等分法」とは、「これ以上分けられないところまで分割し続けるという作業をした上で、仕事に取りかかる方法」です。

マニャーナの法則で言及されました。

関連記事

ひばちです。 今回はタスク管理用語「マニャーナの法則」について説明します! マニャーナの法則 「マニャーナの法則(The Manana Principle)」とは、マーク・フォスターの同名書籍で紹介された仕事術のこ[…]

 

粒度の大きいタスクを分解するための方法の一つとして、活用されるテクニックとなります。

 

 

スポンサーリンク

 

二等分法のやり方

  1. あるタスクについて、仕事の半分を含むカテゴリーを考える
  2. さらに半分にできる分類法を探す
  3. 抵抗感が問題にならない状態になるまで分割を続ける
  4. リストの最後尾を常に第1段階として、順番に取り掛かる
  5. 他にやることがあった場合は、リストの最後尾に加える

 

二等分法の例

「ビジネス知識の習得」
⇒半分⇒「製品知識の習得」
⇒半分⇒「製品のカタログを読む」

 

全体をバランスよく二分できる分類法を探すことがコツですが、ぴったり半分でなくても構わないとされます。

 

関連記事

こんにちは!ひばちです。 やろうと思っていることが中々行動に移せない... 仕事を頼まれたのに、何から始めて良いか途方に暮れている... やるべきことが一杯で、頭がパンクしそう... […]