トリガー【タスク管理キーワード辞典】

ひばちです。
今回はタスク管理用語「トリガー」について説明します!

トリガーとは

「トリガー(Trigger)」とは、「引き金」のことで、タスク管理では「(タスクなどを)思い出すきっかけになる項目・リスト」のことを指します。

 

GTDでは、気になることを収集(把握)する際に活用されます。

頭の中をすっきりさせるには、「済んでいないこと」を思い出すきっかけ(トリガー)があると便利だ。以下のリストを用いて、忘れていることがないかチェックするといい。はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 改訂版

 

関連記事

ひばちです。 今回はタスク管理用語「Getting Things Done」について説明します! Getting Things Done®とは 「Getting Things Done(略称:GTD)」とは、デビッ[…]

 

 

スポンサーリンク

 

トリガーとタスク管理

トリガーは、やるべきタスクを思い出すための「きっかけ」として、色々な場面で活用されます。

広義でのトリガーは、必ずしもリストの形式になっている必要はありません。

 

例えば、書類や道具などの現物も、そのタスクの進捗や手順を思い出す要因になるトリガーです。

また、タスクの実行記録などは、次のタスクを思い出すトリガーと言えます。

 

リマインダーもトリガーの一種と言えます。

違いがあるとすれば、リマインダーは発信側が能動的に知らせてくれる(こちらが受信側になる)特徴があります。

関連記事

ひばちです。 今回はタスク管理用語「リマインダー」について説明します! リマインダーとは 「リマインダー(Reminder)」とは、「設定したタイミングで、予定やタスクを通知してくれる機能やサービス」のことを指しま[…]

 

単にトリガーという場合には、受信側が能動的に、思い出すための対象を見に行く(動く)場合が多い印象があります。