アフォーダンス【タスク管理キーワード辞典】

ひばちです。
今回はタスク管理用語「アフォーダンス」について説明します!
スポンサーリンク

アフォーダンスとは

「アフォーダンス(Affordance)」とは、環境が動物(人間含む)に与える「意味」を指す言葉です。

アメリカの知覚心理学者ジェームズ・J・ギブソンにより、心理学の分野で提唱されました。

 

「与える・提供する」を意味する「アフォード(afford)」という言葉からの造語で、「物の形や色などが、その物の意味や扱い方を説明している」といった理論です。

自の前に荷子があったとしたら、あなたが取る可能性のある行動は、座るでしょう椅子が折りたたみ式なら、持ち運ぶことでしょう。「なんとなく取るべき行動がわかる状態」がアフォーダンスです。片付けの心理法則

たとえば石があるとそこに座ってしまうことがよくありますが、それは石の形状や配置が、私たちの知覚に「ここには座れる」というメッセージとして解釈されているのです。環境が私たちに対して与える意味、それがアフォーダンスなのです。ライフハック大全

 

アフォーダンスとタスク管理の関係

タスクの実行は、取り巻く環境に大きく依存します。

 

例えば、「手紙を書く」というタスクを実行しようとするとき、椅子があり、テーブルがあり、便箋があり、ペンがあり、そして書く内容のメモがあれば、タスクは即座に実行される可能性が高くなります。

逆に、椅子もテーブルもなく、便箋もペンも、何を書けば良いか情報もない状況であれば、「手紙を書く」というタスクの実行は困難になります。

 

タスクを実行しやすくする環境を作るということは、要するに「その環境を見れば、何をすれば良いか分かる状況」を作るということに他なりません。

タスクを実行するためには、実行しやすい環境を作ることを、タスクを実行する前に、先に行う必要があります。

 

これが、タスク管理におけるアフォーダンスの活用です。

 

スポンサーリンク

 

参考書籍

 

スポンサーリンク