生産的な経験【タスク管理キーワード辞典】

ひばちです。
今回はタスク管理用語「生産的な経験」について説明します!

生産的な経験とは

「生産的な経験(Productive Experience)」とは、「リラックスした状態で、コントロールできている感覚を持ち、やっていることに焦点が当たっている、生産性の高い最適な状態」のことを指します。

 

GTDで言及され、GTDのシステムを導入する目的として使われる概念です。

Productive Experience –
The condition of being in control, relaxed, focused, meaningfully engaged, and fully present.
Optimal state for performance and experience. Getting Things Done: The Art of Stress-free Productivity (English Edition)

 

関連記事

ひばちです。 今回はタスク管理用語「Getting Things Done」について説明します! Getting Things Done®とは 「Getting Things Done(略称:GTD)」とは、デビッ[…]

 

 

スポンサーリンク

 

生産的な経験の条件

生産的な経験の条件としては、以下があります。

  • コントロールできているかどうか
  • リラックスできているかどうか
  • やろうと思っていることに焦点が当たっているかどうか
  • 意味のあることに従事していると感じられるかどうか
  • 現状に満足しているかどうか

 

この内、「コントロール」「リラックス」「焦点」という3つの軸が、生産的な状況と非生産的な状況を左右する要素とされています。

 

関連記事

GTDとは? GTD®は『Getting Things Done®』の略称です。   これは、アメリカ人のデビッド・アレンが開発した「ライフワーク管理システム」の名称です。 このシステムは「無用なストレスから逃[…]