学生症候群【タスク管理キーワード辞典】

ひばちです。
今回はタスク管理用語「学生症候群」について説明します!

学生症候群とは

「学生症候群(Student Syndrome)」とは「期限の直前まで、作業に着手しようとしなくなる傾向」のことを指します。

エリヤフ・ゴールドラット著「クリティカルチェーン」等に登場する概念です。

 

同書に登場する「期限を延ばしてもらったにも関わらず、結局いつまでも宿題を始めない学生」を指して説明したことに由来しています。

「学生症候群です」ブライアンが発言した。「セーフティーが必要だと大騒ぎする。そして、セーフティーをもらう。時間的に余裕ができる。でも時間的に余裕ができたからといって、すぐに作業を始めない。じゃ、いつになったら作業に取りかかるのか。結局、ぎりぎり最後になるまで始めないんです。それが人間というものです。人間だからしょうがないんです」クリティカルチェーン

 

 

 

学生症候群とパーキンソンの法則

同書では、学生症候群は「期限までに時間的な余裕があると、つい他のことに手が出て、結局ぎりぎりになるまで作業に着手しない傾向」と説明されています。

時間には余裕があるものの、ぎりぎりになるまで着手しないため、結局、予定の期限には間に合わなくなる傾向です。

 

タスク管理においても、設定した期限に余裕がある場合でも、ギリギリまで着手しない(モチベーションが沸かない)ことは頻出する課題の一つとして挙げられます。

 

学生症候群は、パーキンソンの法則に関連して説明されることが多い概念です。

期限に余裕を設定しても、その余裕を使い果たすまで、作業に取り掛からない心理が働くとされます。

関連記事

ひばちです。 今回はタスク管理用語「パーキンソンの法則」について説明します! パーキンソンの法則 「パーキンソンの法則(Parkinson's law)」とは、1958年に英国の政治・経済学者シリル・ノースコート・[…]

 

スポンサーリンク

 

クリティカルチェーンマネジメント

同書では、学生症候群を克服する手法として「クリティカルチェーンマネジメント」の手法を提唱しています。

 

クリティカルチェーンマネジメントの特徴として、

  • 作業ごとの期限設定はしない:作業ごとに余裕を設けず、ぎりぎりの時間で見積もる
  • 余裕時間は必要なところに集中する:全体の余裕「プロジェクト・バッファー」として最後に集中させる

という方法があり、学生症候群を解決できるとしています。

 

関連記事

ひばちです。 今回はタスク管理用語「先延ばし」について説明します! 先延ばしとは 「先延ばし(Procrastination)」とは「自分にとって好ましくない結果を招くと知りながら(自分の首を絞めると承知の上で)、[…]

 

関連用語