でろこさんの『バレットジャーナル』タスク管理術ー基本のコレクション

こんにちは!先日バレットジャーナルについて記事を書かせていただきました、でろこと申します。

 

今回の記事では、前回日々の運用に特化したため説明出来なかった、バレットジャーナルの基本のコレクションについて紹介いたします。

 

コレクションとは、「記録するためのテンプレート」のようなものだとお考えください。

 

バレットジャーナルでは、下記の4つが基本のコレクションとなっています。

  • インデックス
  • フューチャーログ
  • マンスリーログ
  • デイリーログ

 

スポンサーリンク

インデックス

 

インデックスは目次になります。

 

バレットジャーナルでは、ノートにページ番号を記入することとなっています。

そして、デイリーログ以外のページは目次を作るようになっています。

これは検索性を高めるために作成します。

 

もしかしたら、バレットジャーナルによく利用されているノートは、ページ数が多いものが知られているためかもしれません。

ちなみに、バレットジャーナル公式ノートは「ロイヒトトゥルム」というメーカーのもので、A5版で240ページ程度あります。

 

私は、ページ番号が印刷されていないノートを使っているので、下の写真のように手書きでページ番号を書き入れています。

 

フューチャーログ

フューチャーログは、来月以降の予定を記入するページです。

年間スケジュールページと考えて頂ければ分かりやすいと思います。

 

私は、見開き2ページで半年分、合計4ページ使って1年分を用意しています。

また、分かりやすいかなと思って、カレンダーも書いています。

 

こちらのページには、頭にバレットではなく日にちを入れています(不確定なら、なくてもOKです)。

デイリーログで未完了になったタスクについて、もし来月以降に先送りしたい場合は、このフューチャーログの該当の月にタスクを書き写します。

フューチャーログに移動させた場合は、下図のようにデイリーログのタスクのバレットの前に左矢印を書き入れます。

その他、来月以降の先の予定が発生したら、同様にタスクやイベントを追加していきます。

スポンサーリンク

マンスリーログ

 

マンスリーログは月間の予定を管理するページです。

月間スケジュールページだと考えて頂ければ大丈夫です。マンスリーログは月が変わる際に作成します。

 

見開き2ページを使用し、左はカレンダーページ、右はタスクページで構成されます。

 

以下、それぞれのページについて説明いたします。

 

カレンダーページ

 

カレンダーページには何月かということと、日にちと曜日を縦に並べて記載しています。

タスクの管理は右のタスクページで行うため、カレンダーページはスケジュール帳や備忘録のように利用しています。

具体的には、スケジュール帳のように日にちの決まった予定を書いておいたり、起こった(体験した)ことを記録しています。

 

前者の例は14日の 「通院」や21日の「タスクペディア講座」など。

後者の例は9日の「台風でJR死亡」(台風の影響でJR東日本の電車が計画運休になったこと)です。

 

タスクページ

 

タスクページには、当月にやるタスクを書き込みます。

ページを作成したら、フューチャーログからタスクやイベントを書き写します。

 

また、前月に未完了となっているタスクがあれば、(やるかどうかを検討の上)こちらも書き写します。

タスクやイベントの頭にはバレットを記入します。

 

さらに、デイリーログで未完了となったタスクで、翌々日以降当月内に先送りしたい場合は、タスクをデイリーログからマンスリーログに書き写します。

マンスリーログに移動させた場合は、翌日に移動した時と同様に、下図のようにデイリーログのタスクのバレットの前に右矢印を書き入れます。

スポンサーリンク

KEY

箇条書きの頭に付けるバレットのことを、バレットジャーナル界隈では「KEY」とも呼びます。

バレットを自分流にカスタマイズしている人も多いので、基本のコレクションではないのですが、KEYの一覧ページを作成している人が多いです。

中には栞のようにしたりして、いつでも確認出来るように移動可能な状態にしている方もいます。

 

ちなみに、私が作っているKEYはこんな感じです。

 

バレットジャーナルのラピッドロギングは感情的なことを含めず、客観的に記述するようになっていますが、私は気分障害持ちなので、あえて気分を記述するバレット(・ mood・feeling)を設けています(気分の状態がわりと大事なので)。

 

♡(LOVE)は嬉しかったこと、楽しかったことなどを記述するのに使っています。

♡の記述を転記したコレクションを作っていて、このページを見ると元気になります。

 

おわりに

前回紹介いたしましたデイリーログを加えて、以上がバレットジャーナルの基本のコレクション(+KEY)となります。

これらが揃うと、タスクの移動が翌日以外にも可能なことがお分かりいただけると思います。

 

なお、タスクを移動する場合は前回説明いたしました通り、必ずこのタスクはやるのか、やらなくてよいのかの検討は行ってください。

前回の記事はこちらです。

関連記事

はじめまして。でろこと申します。 今回はアナログでのタスク管理手法のひとつであるバレットジャーナルについて、自分のやり方を紹介させて頂きます。 難易度:★☆☆ 色々なアプリを試してみてもデジタルツールでのタスク管理が続[…]

 

凝ったページを作らなければ、今日からでも始められるのがバレットジャーナルの良いところです。

興味が湧かれましたら、ぜひチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク