でろこさんの『バレットジャーナル』タスク管理術ーデジタルツールとの併用について

こんにちは。でろこです!

 

アナログのタスク管理手法「バレットジャーナル」について、このサイトでお話しさせていただいていますが、今回はデジタルツールとの併用についてです。

 

関連記事

はじめまして。でろこと申します。 今回はアナログでのタスク管理手法のひとつであるバレットジャーナルについて、自分のやり方を紹介させて頂きます。 難易度:★☆☆ 色々なアプリを試してみてもデジタルツールでのタスク管理が続[…]

 

バレットジャーナルはアナログであることが強みではありますが、同時にアナログだからこそ出来ないこともたくさん存在します。

そのためデジタルツールを併用している方も多いです。

 

考案者のライダー・キャロル氏もデジタルツールを併用するハイブリッド派であると、来日した際のトークイベントでおっしゃっていました。

今回も自分が使用しているものを紹介いたしますが、特にルールがあることではないので参考程度に見ていただけましたら幸いです。

 

今回ご紹介するのは下の4つになります。

 

では一つずつ紹介していきます。

 

スポンサーリンク

Lifebear(カレンダー)

プラットホーム

WEB・iOS・Android

 

リンク

https://lifebear.com/

※私は広告解除オプション購入済ですが、通常の無料プランの場合は広告が入ります。

 

使用目的

スマホで通知を出したい時用

 

Lifebearはカレンダーアプリです。

スマホの便利な機能に通知機能があります。

これは絶対に忘れたくない!というタスクやイベントは、このアプリにも通知を出すように設定をして登録しています。

 

 

こんな風に通知を設定します。

 


 

登録出来ました。通知マーク(🔔)が付いています。

これで前日と当日にうるさく(笑)通知があがります。

また翌日に予定が登録されている場合、前日に通知されるように設定しています。

 

このアプリ単独でTo Do管理や日記をつける機能もあるのですが、私はカレンダーしか使っていません。

またノートが出せない時に予定をメモしたりすることもありますが、それは後でバレットジャーナルに転記します。

 

Googleカレンダー(カレンダー)

プラットホーム

WEB・iOS・Android

 

リンク

https://calendar.google.com/

 

使用目的

イベントの告知ページに「Googleカレンダーに追加」がある時用(ほぼそれのためにしか使っていません)

 

GoogleカレンダーをLifebearに連携させているので、Googleカレンダーに登録すれば予定がLifebearにも自動で反映されます。

 



 

イベントの告知ページには「Googleカレンダーに追加」ボタンがあることも多いので、2タップくらいで登録が出来るのでとても楽です。

Lifebear側にはこのように反映されます。

 


 

また告知ページのURLもメモしてくれるので、思い立ったらパッと申し込みも出来てしまいます。

別ツールと併用せずに一つにまとめれば?というご意見もあるかと思いますが、実は私はLifebearの方が長く使っていて使いやすいため(スマホもAndroidなのでアンインストールも出来ないため)併用しています。

 

スポンサーリンク

 

Evernote(メモ)

プラットホーム

WEB・iOS・Android

 

リンク

https://evernote.com/intl/jp

※自分は有料プランを使用しているので、無料プランでは対象外の機能について含まれている可能性があります。あらかじめご了承ください。

 

使用目的

バックアップ、検索補助用

 

Evernoteはクラウドにメモ(ノート)を保存できるサービスです。

もともとライフログとTwitterのツイートバックアップに使用していましたが、現在はバレットジャーナルの写真もバックアップしています。

 

画像内のテキスト検索ができるので、写真を保存しておけばそれなりに検索が可能となります。

そのため、1週間ごとにノートの写真を撮ってバックアップしています。

 


 

こんな風に画像とその週のことを簡単にメモしています。

 

また、セットアップの記録と月が変わった後に、月毎に作っているコレクションのバックアップも残しています。

手間は掛かりますが、アナログでは弱くなりがちな検索性をEvernoteで補うことが可能です。

 

 

このように画像内の文字を認識して検索結果も出してくれます(ただ、まだ認識精度が低いので、写真の撮り方などを試行錯誤中です)。

なお、Evernoteのノートの整理の仕方ですが、私はタグ分類派です。


 

よく使うものが上に表示されるよう、頭の数字で並び順を制御しています。

バレットジャーナル以外の内容は「行動」や「場所」、趣味的なものなら「特撮・アニメ」などで分類しているので、タグからでも比較的見つけやすいです。

 

難点は、時間が経過するとタグの内容がその時の自分の状況に合わなくなることが出てくる点でしょうか。

ただ、タグの名前の変更はスマホアプリでもかなりやり易くなったので、昔ほど大変ではないかなと思っています。

 

話は変わりますが、Evernoteではノートにチェックボックスを挿入出来ます。

 

Evernoteでタスク管理をされている方がこの機能を使用しているかは分かりませんが、To Doリストを作成したりなどの利用も出来そうです。

 

WorkFlowy(アウトライナー)

プラットホーム

WEB・iOS・Android

 

リンク

https://workflowy.com/

こちらも自分は有料のPro版を利用しています。

使用目的

現在は文章を書くことにしか使用しておりませんが、こちらもタスク管理ツールとして紹介されておりましたのでご紹介いたします。

 

WorkFlowyは一般的にアウトライナーに分類されます。

階層を作って文章を書くことができるサービスです。

 

WorkFlowyは厳密にはアウトライナーとは一線を画すもののようなのですが、そのためか挙動が若干慣れを要するかもしれません。

私は昨年末にTo Doリストとしての利用もしていました。

 

 

こちらは昨年末に部屋の掃除をした時のものです。

 

また、タスクの細分化に利用したりもしていました。

通勤電車の中でノートを開くのは難しいですが、スマホで更新が出来るのでネタを仕込んでおけば色々と使い勝手は良いです。

 

 

このような感じで、することを書き出していました。

これは後に掃除のやることリストになりました。

 

またこちらは内容を取り消し線で消すことが出来ます。

タスク管理的に役に立ちそうな機能かもしれません。

 

アウトライナーでのタスク管理については、TAK.さんという方がKindleで電子書籍を出していらっしゃいます(入門から読むのがお薦めだそうです)。

 

最後に

自分の使用しているタスク管理に関わるデジタルツールを紹介いたしました。

どれも使用目的がはっきりしているので、自分ではごちゃついた感じはないのですがいかがでしたでしょうか。

 

なお、タスク管理のメインのツールはひとつに絞った方が良いと思います(自分の場合はバレットジャーナルが不動のメインです)。

とはいえ、まだまだデジタルツールも使いこなせていない部分が多いのでこれからも試行錯誤だと思っています。

 

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク