スケジュール【タスク管理キーワード辞典】

ひばちです。
今回はタスク管理用語「スケジュール」について説明します!

スケジュールとは

「スケジュール(Schedule)」とは、やることの内「実行する日時が明確に決まっているもの」を指します。

「アポイントメント(Appointoment)」とも呼ばれます。

 

 

スケジュールの特徴

スケジュールには以下の特徴があります。

  • 実行する日時が決まっている
  • 同じ時間に複数入れることができない
  • 基本的にタスクと同時には実行できない(簡単な言伝等を除く)

 

特に重要なのが、スケジュールはタスクと同時に実行することができない点です。

言い換えるなら「スケジュールが入っていない時間」が「タスクの実行可能な時間」と見ることができます。

 

タスク管理において、スケジュール管理が重要なのは「タスクに取り掛かることができる時間」を可視化する意味が大きいとされています。

関連記事

こんにちは!ひばちです。   私たちが関わる「タスク=やること」には、実は色々な種類があります。 「書類をファイルに綴じる」といった単純な作業もあれば、「友人と食事をする」「本を執筆する」といった[…]

 

タスクのコンテキスト(買い物、職場、パソコン作業)などを、スケジュールに組み込む方法もあります。
関連記事

ひばちです。 今回はタスク管理用語「コンテキスト」について説明します! コンテキストとは 「コンテキスト(Context)」は「文脈・状況」を表す言葉です。 タスク管理においては「タスクを実行できる状況」を意[…]

 

スケジュールの管理

スケジュールは、基本的に日付の入ったカレンダーで管理していきます。

カレンダーの種類としては「年次」「月次」「日次」等があり、時間軸の有無・縦型横型等を含め、幾つかの種類に分けることができます。

 

スケジュールを忘れないための用途であれば、「年次」や「月次」が適しています。

タスクの実行できる空き時間を可視化する用途であれば、時間軸のある「バーチカル」等が適しています。

 

参考書籍