発生ベースの仕事【タスク管理キーワード辞典】

ひばちです。
今回はタスク管理用語「発生ベースの仕事」について説明します!

発生ベースの仕事とは

「発生ベースの仕事(Ad Hoc Work)」とは、GTD®で言及される「3つの性質の仕事(The Threefold Nature of Work)」の仕事の内の1つです。

「予定外の仕事」とも呼ばれます。

 

他に「事前に明確にされた仕事」「仕事の明確化」があります。

関連記事

ひばちです。 今回はタスク管理用語「事前に明確にされた仕事」について説明します! 事前に明確にされた仕事とは 「事前に明確にされた仕事(Pre-Defined Work)」とは、GTD®で言及される「3つの性質の仕[…]

関連記事

ひばちです。 今回はタスク管理用語「仕事の明確化」について説明します! 仕事の明確化とは 「仕事の明確化(Defining Work)」とは、GTD®で言及される「3つの性質の仕事(The Threefold Na[…]

 

 

発生ベースの仕事の概要

突発的に起こったり、急に依頼されたり、どのリストにも載っていない仕事のことを「発生ベースの仕事」と言います。

発生ベースの仕事は、常に優先され、タスクリストを書く間もなく即対応を迫られることになります。

例えば、急な電話や来客、今日中の上司からの仕事、顧客からのクレームなどが当たります。

 

業種や職種、立場によって割合は異なりますが、受付業務などの職種では、発生ベースの仕事の割合が高くなる傾向にあります。

 

仕事の明確化の時間を取ることで、発生ベースの仕事を減らすことができます。

ただし、ゼロにはならないため、対応できるだけの余裕を持っておく必要があります。

 

関連記事

こんにちは!ひばちです。 この記事では、GTDの根幹となる5つのステップの内、最後のステップである「選択する(実行する)」について解説します。 GTDって何?という方は、先にこちらをご覧ください。 [sitecard […]

 

スポンサーリンク

 

参考文献

Getting Things Done® The Threefold Nature of Work – by David Allen